選ぶ時の注意点

国際交流ができるシェアハウスを選ぶ時に注意しておきたいことがあります。外国人の方と一緒に暮らすということは、これまで育ってきた場所や食べてきた物、生活習慣や文化がまったく異なる人と同じ屋根の下に暮らすことになります。そのため、日本人だけのコミュニティの中では考えられなかったトラブルが発生することもあります。

万が一のトラブルに巻き込まれてしまわないよう、外国人の方が入居しているシェアハウスを探す時にはきちんとした運営事業者が管理している物件か念入りに確認をしておきましょう。シェアハウスの場合、他の物件より比較的外国人の受け入れに関して緩いところが多く、オープンな雰囲気がありますが、中にはきちんとした受け入れ態勢を整えないままに運営している事業者もいます。

不法滞在者を避けることはもちろん、トラブルに遭った際に適切な対応を取れる事業者であるか、相手とコミュニケーションが取れる程度に語学ができる担当者がいるかなどがポイントになります。また、慣れない環境で不安な方は安心して暮らせるようなセキュリティなどが完備されているところも選んでください。特に女性の方はチェックポイントの一つとして考えておきましょう。

これまでなかなか触れる機会がなかった外国人の方と積極的な交流が図れるシェアハウス生活では、日本人同士のコミュニティ以上に生活習慣や文化の違いが表に出てきます。トラブルに巻き込まれないことはもちろん、巻き込まれてしまった際には適切な対応をしてもらうために、運営事業者選びは慎重に行いましょう。

◇参照HP◇DK HOUSE:女性向けシェアハウス

シェアハウスの良い点

外国人の入居者が多く、国際交流ができるシェアハウスの多くが、日本人のみが暮らしているシェアハウスよりもオープンで明るい雰囲気があります。もちろん、文化の違いや言葉の壁などによってトラブルが起きてしまう可能性もありますが、ぶつかっていくことによって新たな価値観が生まれることもあります。楽しいことも、苦労したこともこれまでには経験できなかった新たな体験として身に付けていくことができます。

外国人の入居者が多いシェアハウスで暮らす最大のメリットは語学力の向上です。コミュニケーションを取る時に必然的に英語を話さなければならないため、常に頭が英語を聞いて話さなければいけないという状態になるため、吸収力は抜群です。

語学スクールや学校の授業などでは英語を話す機会は週に数時間程度でも、シェアハウスでは外国人と顔を合わせる度に英語を使うチャンスが広があります。つい、もし話が通じなかったらどうしようと心配になってしまいますが、一緒に暮らす上でコミュニケーションはとても重要です。積極的に自分の意見や気持ちをぶつけてみましょう。

また、英語圏以外の国から訪れている人もいるため、交流が進んでいけばルームメイトの国の言葉を直接教えてもらえる機会もできるかもしれません。

どんな人がいるの?

シェアハウスでは、一軒の家の中でリビングやキッチン、お風呂、トイレなどは他人と共有し、それに加えて各個人が使えるパーソナルスペースがあります。シェアハウスのメリットは、家賃がワンルームアパートよりも比較的安いことに加えて、家電や生活に必要な設備がある程度整っていること、リビングやキッチンが広いことの他に、何と言っても同じ家に暮らす人たちと適度な交流が図れることにあります

これまでの生活とがらりと違った体験をしたいと考えているのなら、外国人が多く暮らすシェアハウスに入居してみると良いでしょう。日本にいながらにして海外留学をしているような気分を味わうことができます。

日本を訪れ、シェアハウスで暮らしている外国人にも様々な理由があります。仕事の都合、観光、英会話教師として、留学の為などがあり、国籍も英語圏だけではなくアジアからの留学生なども多く見られます。また、外国人との交流を目的に入居する日本人の数も増えているので、シェアハウスを選ぶ時にはどのような国からの入居者が多いのかなど気になる点をあらかじめ確認しておくと良いでしょう

しかし日本語があまり話せないルームメイトがいても、大抵の場合、英語はある程度話すことができるので大きな心配は不要です。

シェアハウスで交流

将来は外国で働いてみたい、もっと多くの人たちと触れ合いたい、外国人の友人が欲しいなど、普段の生活ではなかなか出会うことが無い人たちとの交流をするのにシェアハウスはとても適した場所になります。

語学の勉強をしたいと考えていても、一人暮らしをしながらスクールに通ったり教材を購入するのは金銭的な負担が大きくなりますが、外国人が多く暮らすシェアハウスに入居したら自然と外国語が耳に入ってきたり、必然的に交流する機会が生まれます。それだけでなく、多くの場合ワンルームで一人暮らしをするよりも家賃が安いというメリットもあるため、留学準備のために貯金をしたいといった希望がある人にももってこいです。

現在では東京や関西圏を中心として、日本国内に様々なシェアハウスが運営されています。シェアハウスで暮らす様子を描いたドラマやテレビ番組も放送されていたりと、シェアハウスに対して興味を持ったり実際に入居する人も増えており、独自のコンセプトを掲げるものなども登場してきました。他人と一緒に暮らすことで、様々な価値観の違いや生活習慣の違いなどから衝突する機会もあるかもしれませんが、それによって普段の見方とは異なる考えもできるようになるかもしれません

英語ができなければ入居できないのかと不安に思う人もいるかもしれませんが、言葉は使わないと身につかないものです。当サイトでは国際交流ができるシェアハウスとはどのような場所か紹介しています。国際交流ができるシェアハウスの魅力に触れてみてください。